以前のリビジョンの文書です


勢力について

召喚】と兵器ユニットに特徴のある勢力。集まれば集まるほど強くなる

密偵】と【公開】を駆使し、敵に対する対応力の高い勢力。相手のデッキを掘り尽くす「ミル戦法」が行えるのはこの勢力だけと思われる。リーダーは歴代皇帝である。

非人間族(エルフ・ドワーフ・ドリアードなど)で構成される反体制勢力で、【継戦】【移動】【罠】「マリガン」「スペシャルカードの多用」といった不正規戦に特徴がある。種族の影響を受けるカードが多いため、特定の種族を中心にデッキを組むことに意味がある。 カードが盤上に設置され、戦力計上がされた後に発動する。

ウィッチャー世界の危険な野獣や怪物、悪魔と恐れられている「ワイルドハント」が組み合わさった化け物勢力。【捕食】【遺言】に特徴があり、盤上にユニットがこれでもかと並ぶ様子は、まさにモンスターである。

デッキ作成の基本セットにはなれない(リーダーがいない)が、どの勢力のデッキにも入れられるカード。スペシャルカードの多くと、ゲラルト と親しいキャラクターたちが該当する。

発動条件について

プレイされると実行されるアビリティ

間接列でのみ実行できるアビリティ

近接列でのみ実行できるアビリティ

手動で実行するアビリティ。戦場に配置されてから1ターン経過しないと実行できない

戦場から墓地に移動すると実行されるアビリティ(なお、“消滅した”ユニットは墓地に送られない)

カードが戦場にプレイされたそのターンから命令アビリティを実行できる

第2ラウンドと第3ラウンドの最初に、指定された数値分ベースアップする。

ユニットがダメージを受けても破壊されなかったときに発動する。ベースダウンでは発動しない。

相手のターンのときに盤上から墓地に移動した場合に発動する。特殊な遺言。

のカードと同じ名前のカードが自陣に設置されるたびに、自陣に設置されている回数分発動する。

合計戦力が相手より劣っている場合に発動する。「配備、勇敢」となっていた場合は、ユニットを配置し、戦力計上されたあとでも合計戦力が劣っている場合に発動する。

「搭乗」を持つ封印されていないユニットの隣に設置したときに「搭乗」の数値分発動する。 北方諸国 の兵器ユニットだけが持つ、条件付きの「配備」である。

状態について

(状態)任意のカードを対象とするアビリティの対象とならない。

(状態)墓地に移動するとゲームから取り除かれる

(状態)ゲームから取り除く(遺言アビリティの引き金とはならない)

(状態)アビリティを無効化され、他の状態を失う

(状態)反対陣にプレイされている(又は移動した)

ルール用語について

カードを手札から墓地に移動させる(なお、アビリティに依らないカードの任意破棄は、破棄として扱われない。

カードを両方のプレイヤーに見せる。その後、そのカードを元の手札やデッキに戻す。

命令アビリティの再使用に必要なターン数

命令アビリティの実行可能回数(追加のチャージを得られるのは元からチャージを持つユニットのみ)

ゲームのカードを追加する

戦場に自動的に移動させる(“プレイは”にはカウントされない)

敵軍ユニットを反対列に移動させる

このカードのアビリティが対象に取れる列数

(別段の定めがない限り)特定の勢力又はニュートラルのカードを無作為に3枚選び、そのうち1枚を生成する。

ユニットを食べ、その戦力値分のブーストを得る、対象が戦場にある場合は破壊し、手札又はデッキにある場合は墓地に移動させ、墓地にある場合はゲームから取り除く

###

コメントを入力: